結婚式には憧れのウエディングドレスを着よう!役立つ豆知識をレンタルするときに活用!

当サイトでは結婚式に憧れのウエディングドレスを着たい、と考えている人に役立つ可能性のある豆知識をご紹介しています。
ドレスの貸し出しサービスを利用するときには知っておくと活用出来る可能性があるのでおすすめです。
ウェディング向きドレスの費用は、借りる場合でも購入でも大きな差はないケースもあります。
とはいえ借りて済ますのなら挙式・披露宴が終わった後でも、ドレスを保管しておくための場所で悩まないというメリットがあります。

目次
  1. 結婚式には憧れのウエディングドレスを着よう!役立つ豆知識をレンタルするときに活用!
    1. ウエディングドレスは8割以上の新婦がレンタルを選んでいる
    2. 便利な結婚式場が提携するウエディングドレスのレンタル店
    3. レンタルならウエディングドレスの選択肢が広がる
    4. 高級ブランドのウエディングドレスもレンタルなら負担が軽い
    5. 提携店でレンタルしたらウエディングドレスの搬入や返却も式場にお任せ
    6. レンタルでも結婚式場にウエディングドレスの持ち込みは可能
    7. 早めにしたい人気ウエディングドレスのレンタル予約
    8. 海外挙式でウエディングドレスのレンタルを利用するときの注意点
    9. ウエディングドレスのレンタルが不可な条件もある
    10. ウエディングドレスのレンタルは品揃えで選ぶ(2023/10/2)
    11. ウエディングドレスと同時にレンタルできる小物(2023/10/2)
    12. 高級生地が使われているレンタル店のウエディングドレス(2023/10/2)
    13. レンタルしたウエディングドレスは二次会でも着られる?(2023/10/2)
    14. 好みじゃないデザインも気軽に試せるウエディングドレスのレンタル(2023/10/2)
    15. ポッチャリさん必見!ウエディングドレスのレンタルならサイズも豊富(2024/3/12)
    16. ウエディングドレスのレンタル時に考えるべきキャンセルポリシーとその条件(2024/3/12)
    17. ウエディングドレスのレンタル前に知りたい試着の回数と時間の平均(2024/3/12)
    18. ウエディングドレス選びに迷うあなたへ、レンタルと購入の決め手を紹介(2024/3/12)
    19. ウエディングドレスのレンタル店で試着する時の注意点と心構え(2024/3/12)

結婚式には憧れのウエディングドレスを着よう!役立つ豆知識をレンタルするときに活用!

白のウエディングドレスを着て一生に一度の大切な結婚式に臨みたい、と考えている人もいるのではないでしょうか。
憧れのウエディングドレスは購入するのも良いですが、何度も着るものではないためレンタルで借りて利用すると便利です。
ウエディングドレスの白色はどれも同じと思われていますがよく見てみると純白やオフホワイト、アイボリーなどがあるので似合うものを選ぶのがおすすめです。
またデザインもいろいろあるので、結婚式場の規模や雰囲気に合うものを選ぶことをお勧めします。

ウエディングドレスは8割以上の新婦がレンタルを選んでいる

自分の結婚式は絶対にウエディングドレスを身につけたいと思っている人が多いです。
それは昔シンデレラと言う童話の世界にア小型人も多いことが考えられるのです。
まさにドレス選びは女性にとって一番の幸せな瞬間と言っても過言ではありません。
ウエディングドレス選びではレンタルにするのか、購入するのか新婦は非常に迷うところです。
この場合多くの人は借りることを選択しています。
その数は新婦の八割に上るとも言われているのです。
これはやはりレンタルの方が選択肢が広いということが挙げられるのです。
ドレスも国内だけではなく海外製の高級なものが取り揃えられていたり、高級ブランドや有名デザイナーの物が豊富にあるためです。
サイズ展開も5号サイズからビッグサイズまで幅広く、どのような体形の女性も必ずお気に入りが見つかるためです。
しかも小物類の取り揃えも豊富であり、ウエディングドレスにマッチするティアラやヴェール、グローブも見つかります。

便利な結婚式場が提携するウエディングドレスのレンタル店

結婚式場と提携するウエディングドレスのレンタル店は会場の中にある場合もあるし、会場外にあるときもあります。
そこでウエディングドレスを借りるメリットは、自分でドレスを手配する手間がかからないということです。
自分が着たいドレスを着ることが出来るのは、本当にうれしいと思います。
でもそれを探すためには雑誌を読み漁ったり、インターネットを活用したり実際に尋ねて行ったりと、かなり手間がかかります。
少し妥協しても提携店のウエディングドレスであれば、併設されているところでなら、打ち合わせをしながら試着することもできますし、外の提携店であってもドレスの搬入や管理、返却までプランナーが代行してくれるのでとても助かります。
提携するところなら小物が無料になる等のサービスがあるところが殆どです。
式場に関しても詳しいので、その会場の雰囲気に合ったウエディングドレスを提案してくれます。
ドレスが汚れている等のアクシデントがあっても、素早く対応してくれるので安心です。

レンタルならウエディングドレスの選択肢が広がる

結婚式には必ずウエディングドレスを着ると、はるか昔から決めている人が多いです。
純白のドレスに、長いヴェールにあこがれを抱く人も多く、ドレスはいつの時代も人気なのです。
このウエディングドレスを購入するのか借りるのか非常うに困惑する点です。
しかし多くの人がレンタルを選択し、結婚式を挙げている現状なのです。
レンタルの魅力はウエディングドレスの選択肢の幅が広いと言うものです。
サイズ展開も5号からビッグサイズまであり、デザインも国内顔のデザイナーのものや、高級レースなどの物等も取り揃えられているのです。
選択肢が広いだけでなく、小物類の取り揃えも膨大に有り、必ずドレスにマッチするティアラやヴェール、ネックレスにグローブなども見つかります。
借りると結婚式を終えてからのウエディングドレスの収納やお手入れなど煩わしいこともありません。
費用も購入するよりもはるかに安く、コストカットが実現しスマート婚ができるのです。

高級ブランドのウエディングドレスもレンタルなら負担が軽い

結婚式で純白のウエディングドレスを身に着けることをずっとあこがれ続けて入り女性が多いです。
自分の結婚式では必ずお気に入りのウエディングドレスを身に着け、幸せをかみしめたいとする女性が多いのです。
ドレス選びはまさに神父にとっての至福の時と言えるでしょう。
ここで問題になるのは購入するのかレンタルにするかと言うことです。
お勧めしたいのは借りると言うことです。
購入するよりもはるかに費用が安く負担も軽くなるからです。
特に高級ブランドや有名デザイナー、海外の高級レースやスワロフスキーがちりばめられたドレスを身につけたい場合、買うとその費用は車一台が余裕で購入できてしまいます。
ところがレンタルにすると費用は数十万円程度で非常にリーズナブルです。
しかもサイズ展開も豊富で有り、体形に関係なく必ずお気に入りが見つかります。
小物類の取り揃えも豊富であり、ウエディングドレスにマッチするヴェールやティアラが見つかるのです。

提携店でレンタルしたらウエディングドレスの搬入や返却も式場にお任せ

結婚式場やブライダル専門店などの多くは一生の思い出に残るような素敵な結婚式を実現するために、様々な企業と提携をして質の高いサービスの提供に努めています。その中にはウエディングドレスのレンタルを取り扱っている提携店があり、外部の業者よりも便利でお得なサービスを展開しています。
ウエディングプランとセットで申し込むことで特別な割引料金が適用されるほか、当日会場への搬入や返却も式場に任せることができます。外部の業者の場合は自身で搬入するか、スタッフに依頼しなければなりませんが、提携店ならばワンストップで申し込めるだけではなく自動的に搬出と返却が行われます。式場の施設内には専用のブースが設けられており、レンタルをしたウエディングドレスの受け渡しや、使用後の回収を行っているケースもあり、窓口まで移動する手間も省けます。素敵な結婚式にするためには面倒な手続きに囚われずに式に集中できる環境を整えることも大切で、これらのサービスが一助となります。

レンタルでも結婚式場にウエディングドレスの持ち込みは可能

レンタルでも、結婚式場にウエディングドレスの持ち込みは可能です。式場によっては持ち込み量が発生するケースも少しはありますが、基本的には無料で対応してくれます。ただ、着付けを式場で行う場合は事前にどのようなウエディングドレスを持ち込むかを情報提供して置かないといざという時に準備に時間がかかる可能性もあります。
特殊なドレスの場合式場のスタッフが対応できない可能性もゼロでは無いため、事前の打ち合わせでも確認をするとリスクを下げることが可能です。式場では既存のドレスに加えて衣類をレンタルする会社と提携しているケースも多いものの、特に高級ブランドを借りる場合は1点物なども少なからずあるのでこだわりたい人にはお勧めの方法になります。一生に一度の記念であればなおさらのこと、コレクションラインのマリエを着てみたいという人もいるでしょう。いずれにしても、基本的には柔軟に対応してくれることを想定して相談してみてください。

早めにしたい人気ウエディングドレスのレンタル予約

何事も早めに行動することがかなり重要になってくるため、挙式を挙げるカップルが多くなってくる5月から6月にかけてはできるだけ早めにウエディングドレスのレンタル予約を取り付けておいた方が良いです。
ジューンブライドの時期はどこのウエディングドレスレンタル店も非常に込み合うことが予想されるため、当初に計画していた日にちになかなか予約が行えなくなって予定が狂ってしまうことが多々あるからです。
目安としては、できるだけ早い段階から連絡をしておくことが大切になるので、4月の頭か中旬までには気になるお店に電話をしておいた方が良いでしょう。
そして、試着をしたり下見をしておくこともかなり重要になってきます。段取りなど細かいことに関してもよく話し合って決める必要があるので、忙しい日を避けて時間に余裕がある日を見計らいながら賢く計画をすすめていってはいかがでしょうか。
このように、常に万全の準備を早めにしておくことで質の高い結婚式を挙げることができるため、高い意識を持って行動していくことをおすすめします。

海外挙式でウエディングドレスのレンタルを利用するときの注意点

海外挙式でウエディングドレスをレンタルするとなった場合には、国内で選んだドレスを現地で借りるパターンもあれば、現地に到着してから結婚式の直前に選ぶパターンの2つの種類が挙げられます。この中でも特に注意の必要なものは、国内で借りて自分で持ち運ぶ場合です。
持ち出しは可能なものの、多くの店では配送には対応していないのが事実です。このようなことからウエディングドレス自体は手元にあって安心かもしれませんが、スーツケースに入れるのとは異なり、専用のバックを用意しなければなりません。機内に持ち込場合には、手荷物として持ち込むことが必須です。預けた場合には到着し荷物を探すことに手間取る、ひどい場合には間違えて別の場所に移動させられてしまうことも多いです。そして海外にもっていくのであれば、保険の確認は事前にしっかりと確認しておきましょう。契約内容により異なるものの、海外旅行保険であればよく5000円ほどの保険料を支払いは、携行品損害を30万円ほどまで保証してもらうことが可能です。

ウエディングドレスのレンタルが不可な条件もある

ウエディングドレスのレンタルが不可な条件もあり、それは式場ごとに異なります。つまりウエディングドレスを予約するのであれば、その前に持ち込み可能な式場を選んでおく必要があるということです。
基本的に予算の内訳として式場を借りるのが最も費用が掛かる部分があるため多くの場合は間違えないのですが、一生に1回着るものというイメージからドレスを先行してしまいがちになります、段取りを間違いないようにだけすれば問題は無いのですが、それでも注意すべき点であることは間違いありません。特に格式のある神社などで式典を上げるなどの場合伝統を重んじる文化にあります。各式場によって世界観や利用規約が異なることから、色々な会場を見て比較していく要素の一つに持ち込みが可能かや和装洋装といった条件を確認していきましょう。
またドレスはレンタルしてくれるものの、ベールであったり手袋は自前で用意するなどというショップもあるため注意が必要です。

ウエディングドレスのレンタルは品揃えで選ぶ

自分の結婚式は必ずキリスト教にして、映画のヒロインのように純白のドレスを身に着け挙式したいと考える人が多いです。
確かにウエディングドレス白は女性の肌を美しく演出し、しかも絢爛豪華でこれ以上の婚礼衣装は他にないでしょう。
レンタルにするのか購入するのか迷う人も多いですが、借りることをお勧めします。
それは品ぞろえが豊富であることがあげられるのです。
それゆえレンタル業者を比較検討する際は、国内外問わず品ぞろえ豊富であり、海外高級レースや高級ブランド、有名デザイナーの物が多く取り揃えられている業者を選択することをお勧めします。
品揃えのほかサイズ展開も豊富で、5号からビッグサイズまで取り揃えている業者もお勧めです。
小物類に関しても豊富な品ぞろえで、ヴェールやグローブ、ティアラの数などにも着目し業者を選択しましょう。

ウエディングドレスと同時にレンタルできる小物

結婚式に着用するウエディングドレスを取り扱っているレンタルショップでは、ドレス以外にも様々な小物が一緒に借りられるようになってます。
お店によってはウエディングドレスと小物がセットになったプランは、それぞれ個別に借りるよりも安く設定されてることが多いので、おしゃれな式にするためにもどんなものが借りられるのかチェックすることがおすすめです。
一般的に一緒にレンタルできるものには、ベールやネックレス、イヤリングにグローブ、おパニエにシューズなどが挙げられます。
ドレスと一緒に身につけることで、より花嫁さんを輝かせる全体的なコーディネートが実現することができるので、ウエディングドレスやカラードレスでは必ず一緒に着用して結婚式や披露宴を演出することができます。
お店によって取り扱いしている種類がことなるので、身につける宝飾品にもしっかりこだわりたいという女性にはこういった部分も一緒にチェックするようにしましょう。

高級生地が使われているレンタル店のウエディングドレス

ウエディングドレスのレンタルに関しては、どのお店を選ぶかによってドレスの質に大きな違いが生まれてくるため、できるだけ上質な生地を使用したものを借りたいと希望している場合には詳細な情報を調べておく必要があります。
また、人気店になってくるとウエディングドレスに高級生地を使っていることが多いため、見た目的にも優れていて美しいドレスを借りることが可能です。
よく使用されている主な高級生地の種類に関しては、肌にとても優しい素材を使用していることで有名なシルクを始めとして、シフォンやチュール、タフタなどもよく使われていることがあります。
特にシルクは表面がつるっとしていて肌触りがとても良いため、光沢感が増してキラキラと輝くようなドレスに仕上げることができるのでかなりおすすめです。
そして、チュールもかなり人気を得ている生地の一つになります。
ふんわりとしたおとぎ話に出てくるような広がりのある可愛らしいドレスになると評判なので、自分の好みに合わせて良い生地を選んで借りてみてはいかがでしょうか。

レンタルしたウエディングドレスは二次会でも着られる?

両家の親族や職場の関係者などが集まる結婚式は厳かな雰囲気の中で行われる一方で、二次会は気心の知れた近しい関係者のみで行われることが多いですが、この場でもウエディングドレスを着用したままで参加して友人に素敵な姿をお披露目したいというカップルも増えています。
結婚式本番では遠慮をしていた友人も、ここぞとばかりに一緒に記念撮影に興じるなど楽しい時間を過ごしてみたいと思うところですが、ここで気になるのが借りられる期間です。
レンタルでウエディングドレスを借りた場合、結婚式本番以降にも使用できるかどうかはプランの形式によって違います。
一般的な結婚式のプランとセットになっているケースではあくまでも式の間だけの使用に限られており、一連の式典が終了すれば返却しなければならない場合があります。
一方、ウエディングドレスのレンタル専門業者などから個別に借りた場合には、返却期限までに間に合えば良く、二次会でも着られることがあります。

好みじゃないデザインも気軽に試せるウエディングドレスのレンタル

ウェディングドレスは女性にとってとても大事なものです。
一生に一度の晴れ姿となることも多いですし、その姿は写真にも残しておきたい物です。
基本的に多くの方は今の時代ですとレンタルを利用することになります。
結婚式場であったり、ホテルの場合もプランに含まれていて借りるドレスの質やランクによって料金が異なるというケースもあります。
ウエディングドレスの種類は豊富にありますし、結婚式当日のものと、前撮りで写真撮影用と別に借りて、違うデザインで楽しむというのもありです。
そのほうが違った自分で残すことができますし、ウエディングドレスを着る機会はほとんどありませんので、良い経験になることでしょう。
料金設定などはそれぞれのショップで異なりますが、相場を調べておくと見積もりを出してもらった際に気軽に比較がしやすいです。
安ければ良いというわけではありませんが、結婚式の費用は色々と掛かりますので抑えたい時には参考になります。

ポッチャリさん必見!ウエディングドレスのレンタルならサイズも豊富

結婚式は一生に一度の特別な日です。
その記念すべき日には、花嫁が主役となり輝くウエディングドレスを選びたいものです。
しかし、一口にドレスを選ぶと言っても、体型に不安を感じる方も少なくありません。
特にポッチャリさんがウエディングドレスを選ぶ際には、サイズ選びが一層重要になってきます。
最近では、ウエディングドレスのレンタルサービスが充実しており、標準サイズだけでなく多彩な体型に合わせたサイズ展開がされています。
そのため、ポッチャリさんでも自分のサイズに合ったドレスを見つけやすくなっているのです。
レンタルすることで、サイズはもちろん、デザインや色味の異なる多種多様なドレスの中から選べるため、理想にぴったり合った1着に出会える可能性が広がっています。
レンタルのウエディングドレスは価格の面でもメリットが大きいです。
購入するよりもコストを抑えつつ、高品質なドレスを着用することができるでしょう。
これから結婚式を迎えるポッチャリさん、サイズを心配せずにドレス探しを楽しんでみませんか?最適なウエディングドレスがきっと見つかります。

ウエディングドレスのレンタル時に考えるべきキャンセルポリシーとその条件

挙式の日が近づく中で最も華やかな装いとなるウエディングドレス選びは新婦にとって大切な時間のひとつです。
さまざまなスタイルがあり、レンタルを選択する花嫁も多いでしょう。
しかし、計画が変更になることもあり得るため、ウエディングドレスのレンタル契約時にはキャンセルポリシーの内容をしっかりと確認することが重要です。
多くの場合、レンタルショップにはキャンセルに関する明確なルールが設けられています。
キャンセル料が発生する時期や金額について契約書に記載されており、時には発注から一定期間以内であれば無料でキャンセルが可能な場合もあります。
一方で、挙式直前のキャンセルとなると全額負担を求められるケースも少なくありません。
これらの条件はレンタルショップによって異なるため、契約前には店舗ごとのポリシーを比較検討することが賢明です。
また、何らかの理由で式が延期になった場合、追加料金なしで新たな日程に合わせてドレスを準備してもらえるかどうかも確認しておくべきポイントです。
結婚式の準備は複雑で、予期せぬ事態が生じることもあるからです。
ウエディングドレスは結婚式の象徴的な存在であり、レンタル契約をする際にはキャンセルポリシーを含めた条件の把握が必要不可欠です。
事前にショップのポリシーを理解し、万が一の事態に備えておくことで、安心してドレス選びを楽しむことができるでしょう。

ウエディングドレスのレンタル前に知りたい試着の回数と時間の平均

結婚式を控えた多くの方にとって、ウエディングドレス選びは特別な経験です。
理想の一着を見つけるためには、試着は欠かせませんが、その過程における平均的な時間や回数はどの程度なのでしょうか。
ウエディングドレスをレンタルする際、多くのブライダルショップでは試着を複数回受け付けていますが、通常は3回から5回程度が一般的です。
一回の試着あたりの時間は、1時間から1時間半を目安にするとよいでしょう。
しかし、これはあくまで平均的な時間であり、ドレスやアクセサリーの選択、体型の変化によって試着の回数や時間は変動します。
最終的なレンタル契約前には、おおよその見積もりを取得し、追加料金の有無にも注意が必要です。
夢にまで見たウエディングドレス選びを、余裕を持って楽しむためにも、事前の情報収集と計画は非常に重要です。
一生に一度の特別な日のためのドレス選び、レンタルのプロセスをじっくりと謳歌しましょう。

ウエディングドレス選びに迷うあなたへ、レンタルと購入の決め手を紹介

結婚式を控えた花嫁にとってウエディングドレス選びは大切な一歩です。
ドレスは結婚式のスタイルやあなた自身の個性を映し出すアイテムであり、特別な日のためのドレスですから、自分にとっての最良の選択をしたいものです。
そこで一番の悩みどころが、ウエディングドレスを「レンタルするか」「購入するか」でしょう。
レンタルの魅力は何と言っても経済的であること、そして多彩なラインナップから選ぶことができることです。
一方で購入を選ぶメリットは、自分だけのドレスをオーダーメイドすることができる点や、後々まで形として残ることです。
どちらを選ぶか迷う時は、式のテーマや会場、予算と自身の価値観を総合的に考慮しましょう。
ウエディングドレス選びに迷うあなたには、まずレンタルと購入それぞれの特徴を知り、ご自身のスタイルに合うデザインや手触り、着心地を実際に試してみることをおすすめします。
そして、お二人の記念になるような素敵なドレス選びをお楽しみください。

ウエディングドレスのレンタル店で試着する時の注意点と心構え

ウエディングドレスは特別な日のための装いであり、その選択には細心の注意が必要です。
レンタル店でドレスを選ぶ際、まず考えるべきは結婚式のスタイルやテーマに合うドレスをリサーチすることです。
次に、試着する日は代表者だけでなく、信頼できる親しい人を同伴し、客観的な意見をもらうことも大切です。
その際、ヒールの高さを考慮した靴や、ウエディングドレスに合う下着を持参することで、より正確なフィット感を確かめることが可能になります。
またドレス選びでは、自分の体型に合ったスタイルを選ぶことが重要です。
例えば、スレンダーラインはスタイルを美しく見せることができますが、動きやすさを考慮したい場合はAラインがおすすめです。
試着する際には、動き回ってみることも忘れずに行いましょう。
バージンロードを歩いたり、ダンスをしたり、座ったりする姿を想像することで、実際の式の日に違和感なく過ごせるドレスかを確認することができます。
最後に、レンタル契約を結ぶ前には、キャンセルポリシーの確認や、ドレスの汚損に対する保証内容をしっかりと理解しておくことが不可欠です。
これらの点に注意を払いながら、ドレス選びを楽しむことが、思い出深いウエディングにつながるでしょう。